物流管理システム

Logistics management system

物流管理システムとは

製品を作って倉庫に入庫し、受注したら消費者のもとへ届ける。その一連の流れを物流といいますが、物流管理システムとは、それらを一貫して管理するものです。
人手によってバラバラで管理されていたものをシステムで一貫して管理することで、効率的に業務が行えるようになります。

RFID

電波を用いてICタグのデータを非接触で読み書きするシステム

ICタグを商品ごとに貼ることで、工場~倉庫~物流~店舗のどの過程にその商品があるのか、
店舗のどの棚に陳列され、レジまで持って行かれたのかを追跡できるようになります。また、店舗内では、一商品ずつ数えていた棚卸を一気に片づけることができます。 RFID

導入時のメリット
  • 棚卸

    店内数千点のアイテムの実棚作業を2~3名にて約1~2時間で実現します。
    不明アイテムの検索にもICタグを活用するなど、作業時間を1/10に短縮することに成功しています。

  • 出荷登録(店舗)

    出荷登録でもICタグを活用することで74%の業務削減を実現。削減効果は、スキャン作業よりもスキャン後の商品の畳直し作業の削減が最も大きく貢献。

  • 盗難防止ゲート

    ICタグを防犯タグとして活用することで、防犯タグの取り付け作業から解放されることはもちろん、レジでの防犯タグの取外しもなくなり、お客様の待ち時間も短縮されました。

  • 入出荷(物流倉庫)

    入出荷検品を箱単位で開梱することなく10秒/箱で実現。着荷物の早期受入や誤出荷防止に貢献しています。

配送計画

届け先に荷物を配送するときに、どのトラックがどの届け先をどういう順番で回れば一番早く、効率的に回れるかと考えて作る計画
配送計画

このページのトップへ